YouTuber

高松耕平(KOH in インド)YouTuberの年齢や大学は?筋肉やバイオリンが凄い!


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shin-shin/mightykicksbaltimore.com/public_html/wp-content/plugins/rich-table-of-content/functions.php on line 490

最近世界中で活躍しているYoutuberさんって多いですよね。

 

今回紹介する、日本人ヴァイオリニストの

高松耕平さんも、その中の1人で、

現在はインドで活躍をしています。

 

まだまだ謎に包まれている、

高松耕平(KOH in インド)の年齢や大学は?

筋肉やバイオリンについて紹介していきます。

スポンサーリンク

高松耕平(KOH in インド)ってどんな人?

現在インドに在住しており、ムンバイを拠点とする

シンフォニー・オーケストラ・オブ・インディアンの

第二ヴァイオリン奏者の歴を持つ異彩の人物です。

 

Youtubeには2018年10月29日から

動画を投稿しており2020年2月現在

チャンネル登録者は6.77万人います。

 

動画の内容はインドを面白く伝えようと

するようなブログ動画的なものが多く、

「日本人がいきなりヒンディー語で喋りだしたら?」

や「インド人がココイチを食べた反応は?」など

思わずクスっとしてしまう動画が人気です。

 

また、「KOH in インド」とは別に

英語とヒンディー語のみを使用したチャンネルも持っており

「Violinist Kohei」はもっと古く2016年10月14日に

運営スタートしており登録者は約50万人いるので

日本語チャンネルの「KOH in インド」よりは

そちらの方がメインチャンネルという扱いになりますね。

スポンサーリンク

高松耕平の筋肉やバイオリンが凄い!

出身地は東京で、

目的を失い大学を辞めた後に大きいことがしたい!

と世界一周旅行をし、様々な国に触れて

インドが一番人の対応が温かく魅了され、

そのまま滞在することになりました。

 

まずは言葉を覚えないといけないと、

デリー語の語学学校に入学しましたが

授業の質が悪く8ヶ月で語学学校も辞めてしまいました。

 

その時金銭的には余裕がなかったため

レストランでヴァイオリン演奏をし、

まかないをいただくなどの生活をしていたようです。

 

経済的に厳しかったことから

更にインド人の優しやさ温かさに

触れることができたと言っています。

 

そしてアポなしダメ元でムンバイにある

最もレベルの高いオーケストラの練習会場に行き、

ヴァイオリニストとしてオーケストラで働きたい

と伝え演奏を聴いてもらったところ、

 

「明日から1週間後のコンサートの練習をして!」

と言われ、本番でもうまく演奏できたため

入団の許可が下り、2年ほど団員として働いていました。

 

ここでの経験は非常に貴重なもので、

憧れの演奏者と共演ができ、インド音楽業界の

重鎮と曲を共同作成できたりと

自信にもつながったと言っています。

 

そして高松耕平さんは筋肉が凄いですが、

とにかく筋トレが大好きで自称胸筋狂です(笑)

 

動画でもインドのジムに通って

トレーニングしている動画をいくつか上げています。

筋トレが好きな人ってとにかく筋肉美を求めますから

これから更にムキムキになっていくことでしょう。

スポンサーリンク

高松耕平の年齢や大学は?

高校はクラーク記念国際高等学校の

パフォーマンスコースに通っており、

 

2011年9月に全日本ジュニアクラシック

音楽コンクール・弦楽器部門ヴァイオリンにて

入賞しており、大学は名門音楽学校のひとつである

東京音楽大学に進学しました。

 

しかし、師事したいと思っていた教授が

大学を辞めてしまったため学ぶ目的がなくなったと退学してしまいます。

現在はインドも学歴を重視する社会のため、

デリー大学インド古典ヴァイオリン専攻で学んでいます。

 

そしてヴァイオリンの仕事だけで

食べていけるようにとボリウッド映画業界の

音楽面で活躍が出来るよう今頑張っている最中となります。

明確な誕生日は公表されていませんが

高校の受賞歴から計算すると現在26~27歳ですね。

スポンサーリンク

まとめ

インドではよく声をかけられるなど、

人気者の高松耕平さんですが日本での知名度はまだまだです。

 

忙しいとは思われますが、

日本語動画も多く出していっていただき

更に知名度を上げてボリウッドの夢に向かって頑張っていってほしいですね。